夢の理想郷「計画都市」について

人はひとりでは生きていけないことは、おそらく遠い昔からわかっていたことなのでしょう。それはもちろん精神面だけではなく日々食べ物にありつき、子孫を残していくためにも。だから血縁だけではない共同体を作っていったのでしょう。

人間が共同で生きていくには、それなりの秩序が必要になってきます。生きる基本の「衣・食・住」全てにおいて、個人個人が好き勝手に行っていては衝突が起こるのは目に見えています。それ以前に、衛生的にも良くないでしょう。古代人が遺した「貝塚」は共同生活を始めた人間の、初期の「計画」と言えるでしょう。

文明が熟すに従って、生活の必須条件を満たすだけではなく、防災や軍事、宗教・思想、産業、文化・学術などにも配慮された「計画都市」が作られていきました。

「計画都市」は人間がより豊かに、より便利に、より人間らしく生きるために追い求める理想郷なのかもしれません。そうだとすれば「計画都市」をひも解いていけばその地、その国に住んだ人の理想を知ることができるでしょう。そして人間の夢は膨らみ続けるものですから、今後も理想の計画都市の形は変わって行くでしょう。

夢の理想郷「計画都市」について

世界各地に存在する、「計画都市」とは?

世界各地に存在する「計画都市」にはどんなものがあるのか?

20世紀日本の計画都市「ニュータウン」って何?

20世紀日本の計画都市「ニュータウン」のなりたち

夢の理想郷「計画都市」とはユートピアのことなのか?

夢の理想郷「計画都市」について世界各地に存在する、「計画都市」とは?20世紀日本の計画都市「ニュータウン」って何?サイトマップ